製品情報
災害備蓄トイレ

震災時には被災者の生命・財産の保護のほかさまざまな応急対策が必要となります。
中でも排泄行為は、人が生活するためには一日たりともおろそかにすることのできない行為なのです。

都市の近代化に従い、水洗トイレ化、快適化の裏に災害時のトイレの脆弱性が潜んでいたことを、
阪神・淡路大震災、東海豪雨、新潟中越大地震等が教訓として教えてくれました。

し尿処理問題、疫病対策、健康衛生問題、災害弱者対策などなど防災行政上、
重要かつ緊急の課題となっています。